様々な治療法をチェック【二重整形術として使用される方法】

理想の二重にするためには

顔に触れる女性

イメージを明確にしよう

憧れの二重まぶたになるため二重整形を受けたいと考えている人は、事前の準備をしっかりしておくことをおおすめします。二重整形をはじめ美容整形全般に言えることですが、下準備をしっかり行うことが施術後の仕上がりを左右するからです。美容整形を行う美容外科クリニックは、いきなり施術を行うということは無く、まずはカウンセリングを行うことから始めます。カウンセリングはどのような手術となるのか施術の内容だけでなく、どのような二重のラインにするかデザインを決める、とても重要な工程です。「二重まぶたになりたい」といった漠然としたイメージしか無いままで、カウンセリングを受けてしまうと施術を行う医師も、デザインの提案が難しくなります。また、デザインのイメージが無いと医師と患者側でデザインの共有が難しくなり、考えていたような仕上がりにならない可能性も考えられます。カウンセリングをスムーズに進めるためにも、また理想の二重まぶたにするためにも、カウンセリングを受ける前にある零度イメージを、固めておくと良いでしょう。例えば二重の幅はこのくらいにしたい、目元の腫れぼったさを取りたいなどイメージを明確にすることで、満足度の高い仕上がりへと繋がります。二重整形を受けたいけれど、施費用が気になって、チャレンジできないという人も多いのではないでしょうか。二重整形だけでなく美容整形はどんな施術であっても、健康保険は適用されず自由診療となるので、施術にかかる費用は全て自己負担です。費用は各クリニックなどによって異なるものの、あらかじめ平均的な相場を知っておけば、より二重整形が身近なものに感じられるかもしれません。二重まぶたを形成する美容整形は大きく分けてメスを使わないプチ整形の埋没法と、メスを使う切開法の2つに分類されます。プチ整形とメスを使う美容整形とでは費用に差がありますが、二重整形の場合も同じで埋没法と切開法は平均相場が異なります。埋没法の場合、両目の施術を行った場合にかかる平均的な相場は、約5万円から10万円という金額が一般的です。切開法はメスでまぶたの皮膚を切開し、さらに縫合するという手術を行うこともあり費用相場は約20万円から30万円程度です。プチ整形の埋没法であれば10万円以下という金額で施術を受けられるので、金銭的にもチャレンジしやすいのではないでしょうか。切開法は20万円から30万円かかるものの、1回施術を行えば二重のラインは半永久的にキープされるため、長い目で見るとお得です。

Copyright© 2018 様々な治療法をチェック【二重整形術として使用される方法】 All Rights Reserved.