様々な治療法をチェック【二重整形術として使用される方法】

大人女性にも人気

女医

若い目元を取り戻す

まぶたを二重にする二重整形といえば若い世代の女性に、人気というイメージがありますが実な大人女性にも人気です。「パッチリ二重にするだけでなく、目元の印象も若返らせたい」というのが、大人女性が二重整形を受ける大きな目的です。年齢を重ねると肌は老化でたるんでしまいますが、目元の皮膚は他の部位よりも薄いこともあり、たるみが強くでると言われています。20代・30代はキレイな二重のラインだったのに、50代・60代と歳を取るとまぶたの皮膚がたるみ、二重のラインが隠れてしまいがちです。まぶたがたるむことで二重のラインが隠れてしまうと、目が小さく見えるというだけでなく、一気に老け顔の要因となってしまいます。二重整形の中でもメスを使う切開法という施術は、余分な皮膚や脂肪といった組織を除去し切開部分を縫合する工程を経て、二重のラインを作ります。年齢を重ねたことでたるんでしまったまぶたも、切開法を受けることで余分な部分が除去されスッキリとした、若々しい印象の目元になるのです。目元が若返るだけでなく二重のラインも作ってもらえるので、目がパッチリと大きく見えるようになる効果も得られます。一重まぶた・奥二重の人はもちろん、元々二重まぶただったけれど、加齢でラインが見えなくなったという人に切開法はおすすめです。二重整形には色々な施術法がありますが、基本的に1度施術を受けると半永久的に二重のラインが消えない施術として、「切開法」が挙げられます。切開法はメスでまぶたを切開し余分な脂肪や眼輪筋を取り除いた後、事前にデザインしておいた二重のラインになるよう縫合するという施術法です。メスで切って縫い合わせることで二重のラインを作るため、この二重整形であれば半永久的にラインが取れてしまうということはありません。顔、特に目元にメスを入れると聞くと怖いというイメージがあるかもしれませんが、施術は麻酔が効いた状態で行うので痛みを感じることはありません。麻酔の種類はクリニックで異なるものの、まず麻酔クリームや点眼麻酔をしてから局所麻酔をするというのが一般的です。もし手術に対する恐怖心が大きいという場合は、笑気麻酔や静脈内鎮静法といった麻酔を行ってくれる、クリニックを選ぶと良いでしょう。笑気麻酔はリラックスできるガスを吸う麻酔法、静脈内鎮静法は点滴をして半分、眠ったような状態で施術を受けられるという麻酔方法です。これらの麻酔をプラスできれば手術に対する恐怖心が大きく軽減され、美容整形を初めて受けるという人でもリラックスした状態での手術となります。笑気麻酔や静脈内鎮静法を希望する場合、通常の麻酔代に数万円程度の金額がプラスされますが、恐怖心が強いという人にはおすすめです。

Copyright© 2018 様々な治療法をチェック【二重整形術として使用される方法】 All Rights Reserved.