様々な治療法をチェック【二重整形術として使用される方法】

美容の「速い安い上手い」

カウンセリング

人気の理由は「気軽さ」

いろいろな美容整形がある中で、二重整形は特に人気です。その理由は大きく3つあります。まず、顔の印象において、目が大きく影響していることです。大きくぱっちりとした目は表情を明るく見せることができ、第一印象も違ってきます。そのため、就職活動の面接前に施術を受ける大学生も少なくありません。また、テレビ、雑誌で目にするモデルや女優なども二重まぶたであることが多く、憧れる人も多いでしょう。コンプレックスをなくし、自信を持ちたいというのは、すべての人に共通する願望です。次に、以前よりも施術時間が短くなったことです。簡単なプチ二重整形だと、カウンセリングを受け、その日のうちに施術をし、数十分で終了します。施術を希望する人の中には、周囲の目を気にする人もいます。しかし、会社や学校を休んで入院する必要もなく、すぐ日常生活に戻ることができます。最後は、やはり費用です。施術方法や病院によって異なりますが、最近は以前に比べてリーズナブルになっており、相場は約5万円から30万円です。さらに費用を抑えたい場合は、病院のキャンペーンや施術結果を公開するモニター制度を利用するなども手段の一つです。普段の化粧でも、二重に見せるために化粧の方法を工夫している女性も多く、加えて上記の理由から、二重整形に対して抵抗が少なくなりました。二重整形は若い人にとって、化粧の延長線とも言えるでしょう。二重整形の施術には埋没法と切開法があります。埋没法とはメスを使わない方法で、切開法とはメスを使って、まぶたを切開する方法です。埋没法は医療用の特殊な糸を使って、まぶたを縫い留めることで二重のラインを作ります。糸を1本だけ使用して固定するなら1点留め、2本なら2点留めと、まぶたの分厚さや、理想の二重まぶたのデザインによって、糸を何本使って固定するかが決められます。特に2点留め、3点留めは固定力があり、また目頭から目尻までの細かいデザインも調整できるため人気があります。埋没法はプチ整形とも言われており、一番の特徴は施術の気軽さにあります。施術時間は麻酔をしてから約20分ほどで、入院の必要もありません。費用の面でも5万円から10万円が相場で、若い人でも難しい金額ではありません。自然な仕上がりで、術後の傷跡もわからないため、周囲の人に二重整形を知られたくない人にとっては最適な方法です。それに比べて、切開法はまぶたを切って、はっきりした二重のラインを作ることができます。もともと奥二重の人や二重まぶたの人が、よりラインをはっきりさせたい、ラインを変更したい場合も、この方法が適しています。施術時間は30分から1時間、さらに施術から1週間後に抜糸をする必要があります。費用の面では、20万円から30万円が相場です。埋没法に比べ気軽さは減るものの、切開法の1番のメリットは、術後半永久的に二重まぶたが持続することです。

Copyright© 2018 様々な治療法をチェック【二重整形術として使用される方法】 All Rights Reserved.